カードローンの審査に通らない

カードローンの審査に通らない

カードローンの審査に通らないという場合の原因をみてみましょう。

 

カードローンは、住宅ローンなどと違ってそれほど年収などに厳密な規定もなく、勤続年数や職種が問われないカードローンもたくさんありますから、審査はだれでも通るのではないかというイメージを持ちやすいですよね。しかし実際のところはカードローンの審査になかなか通らない、通っても低い限度額のみであった、というケースもよく耳にします。

 

これは、一口におすすめ低金利カードローンといっても「銀行」「銀行系」「消費者金融」とさまざまな種類があることに原因があるとみたほうがよいでしょう。

 

銀行のカードローンというのは、金利は低く限度額は高くなっているものが多いですから、借り入れすることができれば大変魅力的な商品です。銀行のカードローンであれば、総量規制の対象外ですから年収の3分の1以上の限度額の設定も可能になります。

 

銀行系のカードローンは、今カードローンの主流といってもよいでしょう。銀行の名前がついたカードローンなのですが、保証会社が消費者金融などの金融会社になっているものです。これは、銀行のローンに比べると金利が少し高めのことも多くなっています。

 

消費者金融のカードローンは、気軽に申し込めることがメリットとしてありますが、金利はこちらも高めに設定されていることが多いのです。また総量規制の施行後、年収の3分の1を超える借り入れはできなくなりました。

 

銀行のカードローンの審査に通らないときに、銀行系のカードローンの契約を勧められることもあるようです。借り入れをしたい時は急いで契約してしまいそうになりますが、もちろん金利や限度額などをきちんと確認した上でするようにしましょう。

 

カードローンの審査が甘いとはどういうこと?

銀行系のカードローンとよばれている、金融会社が保証会社となっているローン商品は、銀行が独自に行っているカードローンよりも審査が甘いといわれています。

 

総量規制によって、貸金業者と呼ばれるところからは年収の3分の1以上の借り入れはできなくなりました。そのため、借り入れができなくて困っているという人は確実に存在します。

 

そういった人たちの受け皿となるのが、銀行系のカードローンとよばれるものなのです。銀行系カードローンは、総量規制の対象外ですから、貸金業者で以前のように借り入れができなくなった人たちが申し込む先となっているのが現状です。

 

銀行系のカードローンの審査が甘い、というわけではなく貸し手側もできるだけお金を借りて欲しいわけですから、審査基準の幅が広くなっていると考えたほうがよいでしょう。収入証明書がある程度の借り入れ金額以上でなければ必要ない場合や、専業主婦やパート、アルバイトといった方でも申込みができるようになっているカードローンがあります。

 

いくら審査が甘いといわれていても、もちろん過去に延滞をしていたり、債務整理や自己破産をしていたりという履歴が残っていれば審査を通過することは難しいことはいうまでもありません。

 

一般的にフリーローンであるカードローンは、住宅ローンなどに比べて借りやすいと考えられてはいますが、過去の金融事故などの履歴がある方の場合は、借り入れすることはほぼ無理であると考えておいた方がよいでしょう。